肌と酵素の関係

若々しくてきれいな肌。そんな肌を手に入れたい!


それを左右するのが「酵素」です。


そこで、今回は「肌と酵素の関係」についてお話ししたいと思います。

酵素は、肌作りに欠かせないもの

酵素は、細胞を作るときに使われます。


もちろん、肌細胞を作る時にも使われます。


「酵素の役割」のところでお伝えしましたが、


家を作るのに大工さんが必要なのと同じように、肌の材料となるたんぱく質・脂質、ビタミン・ミネラルを元に、肌を作り上げていくのに必要になるのが「酵素」になります。

美しい肌は体の内側から作られる

みずみずしく透明感のある美しい肌を保つには、肌細胞の新陳代謝が活発であることが大切です。


そのためには、肌という一部分だけを見るではなく、体の内側からすべての流れに目を向ける必要があります。

  • 良質なたんぱく質や脂質、ビタミンC、E、D、K、βカロテンなど栄養素を摂る
  • 摂った栄養素をしっかりと消化・吸収する
  • 血液によって、栄養素や酸素が肌細胞にきちんと行き渡る
  • 老廃物や二酸化炭素がきちんと排出される



これらの流れがスムーズになることによって、内側から新しい肌細胞がどんどん作られ、古い肌細胞と入れ替わっていきます。

肌と酵素の関係のまとめ

肌細胞も、体の細胞の一部です。


きれいな肌を保つためには、肌細胞が活性化するための一連の流れがスムーズに行われることが重要なんですね。


その中で特に重要になるのは、栄養素を分解するときの「消化活動」と、吸収や血液循環、細胞分裂など生命活動に必要な「代謝活動」です。


この消化活動と代謝活動を行うときに必要になるのが「酵素」なんですね。


このように、肌にとって酵素はなくてならない関係にあるのです。